~ダイスケの部屋~


 「アドバイスは勉強になる」 
 
 



12月某日

昔の神道夢想流は、師範以外は太刀持ちをしなかったそうだ。
また、理合なども(師範によるが)ほとんど教えなかったらしい。古流らしい
話だ。他所では今でもこういった教え方の所もあろう。

現代の、団体を作っている流派はそうはいかない。師範の数も限られているし、
何より、少数精鋭を作り出すのが目的ではない。まして、実戦で使うことも
無い。皆が限られた時間内で、出来る限りの稽古をするのが望ましい。


そうなってくると、初段、あるいは級位者でも太刀持ちをし、二、三段でも
指導らしき事をする破目になる。自分に自信がなくても、である。

元来教えたがりの性格の人はまだ良い。放っておいても指導を始める。
その反対側で、自分の稽古がしたい、指導なんか冗談じゃない、と言う人も
指導に借り出され、不満顔をしている。
この双方とも、個人的にはもったいないなぁ、と思う。


教えたがりの人は、多かれ少なかれ持論を強固に持っている場合が多い。
#ほとんどの場合、その持論の裏づけになっているものは、自身の体験では
#なく、受け売りだったりする。まぁ、これは仕方の無いところだろう。
しかし、持論を強固に持っているがゆえに、非常に良いアドバイスを
聞いていなかったり、反発を覚えたりする。良い言葉を貰っても、
自分に都合の良い部分だけピックアップして覚えていたり、引用したりする。

この手の人は、思考が柔軟になると、団体として非常に重宝することになる。


逆に指導をしたがらない人は、自分に自信が無い。これは実技なのか、
指導についてまわる責任感なのかは抜きにしてだ。
その双方共、自信が無い場合もある。

しかし、師範以外が指導する場合は、指導と言うよりはアドバイスに過ぎない。
少なくとも、そういうスタンスでいた方がいろいろな意味で良い。
しかも、アドバイスをする事で自分にとって良い事があるのだ。


と言うのも、自信が無い人が指導(教育と言っても良い)をする場合、その
心理的マイナス面をバックに、自分の知識を人に伝えやすく再構成する。
少なくとも自分の知識(誰に教わった、等含む)を整理し、伝えやすい言葉で
伝えようと努力し、術の本質を出来るだけつかもうとする。対象者が
異なるごとに、伝えやすい手法に変えたりもする。

知識は自己の学習成果を脳にインプットした物である。インプットは
楽しい。知識欲という奴だ。これは、詰め込む段階では無秩序な場合が
多い。系統だった指導を受けても、まぁ詰め込みやすい、程度の違いだ。

しかしながら、他人にアウトプットする時、ほとんどの場合整理され、
結果、自己の理解度が高まる。知識の密度が上がると言っても良い。
いわゆる、(密度の濃さに差はあるが)薄っぺらい言葉ではなくなるのだ。
トリヴィアや雑談、ユーモアの類を除いて、アウトプットは大概苦痛を伴う。
が、その人の知識面を強固にしてくれる。故に、各方面でもアウトプット
(会議、発表会、競技会の類)が行われるのだろう。


アドバイスをする事で、対象者から教わることも多々ある。知らない人の方が
より自然な反応を示すからだ。私はアドバイスをするとき、必ず反応を
確かめる。自分へのフィードバックが期待できるからである。
より下の段、級位の人を下げて見たり、強さを見せつけたりする感覚が
分らない。自分に責任がある機会損失という奴である。もったいない。

 
                                
                                      次へ


目次へ